国民年金基金の受給プランとは

国民年金基金に加入した場合ですと、将来的にどれくらいの金額をもらえるのか!? そんな年金の給付プランについて見ていきましょう。
参考にしてください。
ここでは、夫婦お二人を仮定します。
そして、実際の年金プランを計算してみます。
自営業でレストランをやっている鈴木さん(夫)がいます。
38歳です。
※(昭和49年生まれ)です。
それと、一緒に働いている奥さんがいます。
※ 20才の時から国民年金第1号被保険者で加入しています。
※この年、4月から国民年金基金にも加入しています。
※掛け金は夫婦で5万円と言うことです。
2口目以降は、終身年金プラスして、60歳から受給が可能な確定年金にしています。
<夫の方について> 1口目のA型掛け金は、毎月11,740円。
2口目以降の終身年金は、A型を2口です。
そして4型をさらに2口入ります。
2口目以降の掛け金は、合計で18,240円となっています。
A型が5870円を2口で、4型の3,250円を2口で、合計が181,240円になります。
鈴木さんの加入口数については、5口です。
掛け金は11,740円プラスで、18,240円です。
毎月、国民年金基金に29,980円を払います。
奥さんの掛け金は、1口目がA型の11,925円になります。
2口目以降は、A型が2口で11,750円です。
4型の1,900円が2口で3,800円です。
そして、合計が2,3675円になります。
生命保険は早く加入したほうがお得?【若いうちが良い?必要ない?】